健やかな新しい命のために
 

新生児臨床研究ネットワーク

                                                                        English page is here...

こちらは旧ホームページです

現在の新生児臨床研究ネットワーク(認定NPO法人)のホームページは
http://nponrn.umin.jp/
です。NRNの活動については、そちらをご利用ください。

EPOC班の患者登録は引き続きこちらで行います。

新生児ランダム化比較試験ガイダンス2004

                 参照はこちら
(新生児臨床研究ネットワークの運営に関する研究班、分担研究 藤村正哲)

What's New

2015/3/5
以下の論文が発表されました。
Brief Parenteral Nutrition Accelerates Weight Gain,
Head Growth Even in Healthy VLBWs

(Naho Morisaki, Mandy B. Belfort, Marie C. McCormick, Rintaro Mori, Hisashi Noma,Satoshi Kusuda, Masanori Fujimura, the Neonatal Research Network of Japan
PLOS ONE www.plosone.org 1 February 2014 Volume 9 Issue 2 e88392)

2015/3/5
Comparison of Mortality and Morbidity of Very Low Birth Weight Infants Between Canada and Japan
(Tetsuya Isayama, Shoo K. Lee, Rintaro Mori, Satoshi Kusuda, Masanori Fujimura,Xiang Y. Ye, Prakesh S. Shah and the Canadian Neonatal Network and the Neonatal Research Network of Japan
Pediatrics; originally published online September 10, 2012; DOI: 10.1542/peds.2012-0336)

2013/7/1
2013 Pediatric Academic Societies Annual Meeting, May 4-7,Washington における藤村正哲先生の以下の発表ポスター
(pdf)を文書庫に掲載しました。
「The larger risk of poor cognitive function than that of CP with smaller gestation of preterm birth <25 weeks」

2013/6/3
石井のぞみ先生の以下の論文が発表されました。
「Outcomes of Infants Born at 22 and 23 Weeks’ Gestation」
Nozomi Ishii, Yumi Kono, Naohiro Yonemoto, Satoshi Kusuda, Masanori Fujimura, and for the Neonatal Research Network, Japan
Pediatrics 2013; 132:1 62-71; published ahead of print June 3, 2013, doi:10.1542/peds.2012-2857

(抄録は上記リンクに掲載されています)

2013/1/11
森 臨太郎先生の以下の論文が発表されました。
「Risk factors associated with outcomes of very low birthweight infants in four Asian countries」
Wariki, W. M. V., Mori, R., Boo, N.-Y., Cheah, I. G. S., Fujimura, M., Lee, J. and Wong, K. Y. (2013)
Journal of Paediatrics and Child Health. doi: 10.1111/jpc.12054

(抄録は上記リンクに掲載されています)

2012/12/27
2012 Pediatric Academic Societies Annual Meeting, April 28 - May 1,Boston における河野由美先生の以下の発表ポスター
(pdf)を文書庫に掲載しました。
「Outcomes at three years of age of infants born at 22-25 weeks gestational age admitted to NICUs in Japan」

2012/9/24
 NRN 英文発表論文抄録集(pdf)を文書庫に掲載しました。
(以下の6論文の抄録)
以下の論文題名から各articleへリンクしています

Pediatrics. 2006 Oct;118(4):e1130-8. Epub 2006 Sep 1.
Morbidity and mortality of infants with very low birth weight in Japan: center variation.

Pediatr Int. 2011 Dec;53(6):1051-8. Epub 2011 Nov 14.
Outcomes of very-low-birthweight infants at 3 years of age born in 2003-2004 in Japan.

Pediatr Int. 2011 Dec;53(6):930-5.
Neonatal correlates of adverse outcomes in very low-birthweight infants in the NICU Network.

J Pediatr. 2011 Jul;159(1):110-114.e1. Epub 2011 Feb 22.
Antenatal corticosteroids promote survival of extremely preterm infants born at 22 to 23 weeks of gestation.

Pediatr Res. 2012 Aug 24.
Trends in morbidity and mortality among very low birth weight infants from 2003 to 2008 in Japan.

Pediatrics Vol. 130 No. 4 October 1, 2012 pp. e957 -e965
Comparison of Mortality and Morbidity of Very Low
Birth Weight Infants Between Canada and Japan

2011/5/10
2011年4月30日からDenverで開催されたASPRで「ASPR Best Research Award」に選ばれたNRNの発表(脳室内出血班、22-23週出生児の3歳児発達予後の改善に関する発表:平野慎也先生)の発表スライドを掲載しました。

2011/5/7
以下の研究報告書を掲載しました。
 平成20年度報告書(総合研究報告書、総括・分担研究報告書)
 平成21年度報告書(総括・分担研究報告書)

2011/2/17
2011年4月30日からDenverで開催されるASPRでNRNの発表(脳室内出血班、22-23週出生児の3歳児発達予後の改善に関する発表:平野慎也先生)が「ASPR Best Research Award」に選ばれました。

2009/12/31
吸入ステロイド班の症例登録を終了しました。

2009/4/20
EPOCスタディー:その用法の安全性確認のための事前小規模多施設臨床研究の症例登録を終了しました。

2009/4/7
ドキサプラム班の症例登録を終了しました。